埼玉県吉川市の磯久クリニックです


レーザー治療

レーザー治療
 
最新型Affirm LAZRで素肌が変わる

毛穴の緩みや開き、ニキビ痕の凸凹、目の下にくきりとした小じわ・・。
これらは肌の形状ではなく、肌質感の問題であり、肌のキメの乱れ
から生じる肌トラブルです。
近年、肌トラブルの原因は肌の真皮深層部ではなく、肌の基底層周辺、
特に真皮の浅いところ(真皮乳頭層)の衰えであることが分っています。
アファームは肌質感の問題にフォーカスし、毛穴・ニキビ跡・小じわと
いう難題の肌キメトラブルに特化した最先端の肌質改善レーザーです。

治療例
           
 
 
誰でも治療を受けることができますか?
年齢による肌の変化が気になる方ならどなたでもOKです。
特に改善したい部分など、ご相談ください。
 
施術にかかる時間は?
洗顔後、レーザー照射は約10分程度で終了します。
 
施術に痛みはありますか?
従来のレーザー治療と比べて、痛みはかなり軽減されています。軽い刺激を感じる程度です。
 
平均的な治療回数は?
効果の現れ方には個人差があり、症状にもよりますが、4-6回が一般的です。

■施術後に気をつけること
施術後、すぐに日常生活に戻れますが、以下のことに気をつけてください。
@こすったり、掻いたりしない。
A赤みが継続している間は、入力や熱いお湯での洗顔等は避ける。
B赤みが継続している間は、普段の2倍保湿をしっかりする。
C小さなかさぶた等が出来た場合も、絶対はがさず、しっかりと保湿をし、自然に剥がれ落ちるのを待つ。
D化粧をする際や、落す際には通常使用するものより柔らかく、肌に優しいものを使用する。
E紫外線は極力避け、SPF30以上のものを使用する。


 
最新型ALEX LAZR

当医院では、最新型の
(Q-スイッチドアレキサンド
ライトレーザー)を導入して、茶色いシミ、青いアザや入れ墨などの
治療にあたっております。従来、行われていた植皮やドライアイス
などの冷凍療法では、治療後に傷が残ってしまうなどの二次的な
副作用の問題がありました。当院で導入した最新型のレーザー装置
は米国のボストンで開発された全く新しい治療器で、その治療効果に
ついても、米国や日本において十分に時間をかけて実証されて
おります。

治療例
 太田母斑Before  太田母斑After      老人性色素班Before  老人性色素班After
 
 
レーザー治療には入院が必要ですか?
入院は全く必要ありません
 
レーザーでの治療期間はどのくらいでしょうか?
一概には言えません。疾患によって1回で終わることもありますが、太田母斑のように
最低でも4回か5回かかるものもあります。
一般的に言って、長期間の治療を覚悟して
臨むことが賢明と言えます。
 
レーザー治療で出血はありませんか?
ほとんど出血することはありません。安全に治療できることがレーザー治療の特徴と
言えます。
 
治療後に瘢痕は残りませんか?
瘢痕はほとんど残りません。レーザー治療の場合、過剰色素のみ反応するように
レーザー光を採用しているためです。そのため正常な組織にほとんど影響なく治療
することができます。
 ページのトップへ
埼玉県吉川市きよみ野2-25-7磯久クリニック 048-984-2211 info@isohisa.or.jp
Mapへ E-Mail info@isohisa.or.jp